So-net無料ブログ作成

子宮筋腫の間違った治療法 子宮筋腫と診断され10年 鉄剤の注射 [子宮筋腫の間違った治療法,子宮筋腫診断,鉄剤注射]

あなたは子宮筋腫の
間違った治療を続けていませんか?


⇒ 子宮筋腫の正しい知識と安全な治療法


14日間集中!子宮筋腫改善・通信講座.jpg


あなたがホルモンバランスや子宮筋腫について、
正しい知識を持つことがあなたの子宮筋腫の改善につながります。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


ずっと鉄剤を注射して

神所由佳里 様(40代 主婦/千葉県)


こんにちは。私は現在42歳の主婦です。
子宮筋腫と診断され10年がたちます。


10年前、夜8時過ぎには眠気が襲い、
9時には起きていられないほどでした。

そして病院で調べてみたら子宮筋腫が発見されました。


筋腫は切るほどではなく、経過観察ということでしたが、
貧血はひどく、ちょっとした坂道を上るにも息切れが出る、
生理時の一日目は外出できないくらいの出血でした。


病院で薬を処方されましたが、
気持ちが悪くなってしまうため飲めず、
ずっと鉄剤の注射を定期的に打っていました。


あと10年も注射を打ち続けるのか・・・
と悩んでいるときにこのレッスンに出会いました。


やってみなければわからない。
やらなければなにも変わらない。

すがる思いで試してみました。
でも結果はすぐには表れませんでした。


◆レッスンを始めて2回目の生理に変化が

そして、ついにレッスンを始めて2回目の生理の時変化が出たのです。

あんなに多かった出血が嘘のように減っていたのです。
驚きでした!!多分普通の量(?!)だったのではないでしょうか


今まで病院に通っていたので仕事も躊躇していたのですが、
気持ちも楽になり外で働く気持ちになりました。
ありがとうございます。


それに加えて、
腸の方も快調になったので心も身体も軽くなりました。

元気になり風邪も引きにくくなったので、病院に暫く行っていません。
でも、近いうちに子宮がどうなっているのか検査したいと思います。

自然に逆らわず、自分のペースでできる
このレッスンに出会えて本当によかったです。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


他の方の体験談もこちらで見ることができます。

     ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

⇒ 子宮筋腫の正しい知識と安全な治療法







子宮筋腫の間違った治療法 ピル 合成ホルモン剤 副作用
子宮筋腫の間違った治療法 筋腫を子宮ごと摘出、生理痛 PMS
子宮筋腫 間違った治療法 経過観察中 筋腫 大きさ
からだの悩みを改善する方法


共通テーマ:健康

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。